HOME>トピックス>テキストデータを迅速に加工する技術の必要性は年々高まっています

インタビューをそのまま記事には使えない

インタビューをする時には、必ず相手の話す内容メモしたりボイスレコーダーで録音したりする必要があります。しかし、インタビューする側がメモを取ろうとすると誤字や脱字、書き漏らしてしまうリスクが発生します。確実にメモを取るためにインタビューする人間とメモをする人間を用意する必要があります。それでも、人間が作業する以上はリスクは同様に存在しています。そこで、ボイスレコーダーですべて録音する方法が採用されるようになりました。しかし、ボイスレコーダーで録音する場合は音声データをテキストデータに加工する必要があります。また、記事にするには話し言葉を書き言葉に変更しなければいけません。そのために必要な技術がテープ起こしになります。

在宅で行うことができる仕事になります

インタビューを録音したカセットテープの現物を再生し、原稿として紙に書き起こしていました。カセットテープは1個しか存在していないため、個人で行われることが主流でした。最近はデジタルの音声データとして録音することができるようになりました。その結果、インターネット上でデータをやり取りできるようになり、テープ起こしは在宅で行える仕事になりました。

スキマ時間でできる作業で人気です

テープ起こしは在宅でできる仕事になりました。技術を取得すれば家事の合間で作業ができます。パソコンとインターネット環境があればこれらの作業を行えます。クラウドソーシングサイトなどを活用して仕事を得ることも可能です。

広告募集中